人生を左右する贈り物|デザインを比較して結婚指輪を選びましょう
花嫁

人生を左右する贈り物

新郎新婦

相手の好みを考える

結婚を申し込む際に渡す婚約指輪というのは、どれを選んでよいか分からなくなるものです。いざ自分が相手にプロポーズするとなると、迷うことも仕方ありません。それだけ重大なイベントなのですから時間が許す限り悩むとよいでしょう。選ぶときには相手の好みをしっかりと考えて選ぶようにすると後悔せずに済むはずです。もし相手がスクエア状の宝石が苦手でカボションの形を好むのであれば、円形の宝石をはめ込んだ指輪を選ぶのが妥当と言えます。こうしたことを聞き出すには注意が必要です。もしプロポーズを内緒で行う場合には特に気をつけなければいけません。婚約指輪を選んでいることがばれてしまっては折角の計画が台無しとなります。じっくりと相手の好みを調べることが肝要です。

ダイヤモンド以外の宝石

婚約指輪の定番と言えばダイヤモンドですが、世の中には様々な宝石が存在しています。もしダイヤモンドがイメージと異なるのであれば、他の宝石で考えて見ましょう。サファイアの鮮やかな青、ルビーの燃えるような赤、エメラルドの深い緑など見目麗しい宝石を選択肢に入れればより良い婚約指輪を選び出すことができるはずです。そうした他の宝石を選ぶときには価格が大きく影響します。ダイヤモンドと同じ値段のものなら、他の宝石ではもっと大きな宝石を選ぶ事ができるでしょう。そうした価格差にパートナーが難色を示す可能性があるなら、オパールが良いかもしれません。オパールは貴重なものほど高級で、見ていて飽きないものです。色々な面からパートナーの好み通りの婚約指輪を選んでいきましょう。